あなたの愛車は今いくら?ガリバーのカンタン無料査定
車種・年式・走行距離 等の簡単な入力で概算価格をお知らせいたします。

【中古車毎日入荷中!】ガリバー中古車ご提案サービス
車種・年式・予算 等の簡単な入力で、全国の新鮮な在庫の中から希望の車を探してお知らせします。

18万台の中古車物件を掲載『カーセンサーnet』
中古車情報誌で有名な、リクルートが運営するクルマ総合情報サイトです。全国18万台から愛車を検索できます。

自動車保険のアクサダイレクト
アクサダイレクトの自動車保険はお客様にとって最も納得のいく保険料・サービスをご提供しています。

自動車の価格と相場の情報 SEOにも有効なTheページビューランキング 試乗レポート&マイカーレポート募集中

2016年03月07日

自動車の購入

自動車を購入される場合、新車で買うか、新古車で買うか、中古車で買うか、それぞれ選ぶことができます。
購入の仕方も様々です。
例えば、現金一括で購入する場合、自動車ローンを組む場合、車を売る前提でローンを組む残価ローンを組む場合、あなたの好みによってこういった方法を選ぶことができます。

自動車ローンで車を購入する人も多いでしょう。
多くの人がディーラーショップの勧めてくる自動車ローンを組むことになるはずです。
でも、自分で選んだローンを使うことももちろんできます。

例えば、銀行や消費者金融の自動車ローンを使うことも可能です。

自動車を購入する場合、もちろんかなりの費用が必要になります。
それもあり、値切る方も多いと思います。
新車、新古車、中古車、実はそれぞれに値切り方も存在しますのでその内容について少し紹介していきたいと思います。

【新車の場合】
新車は値切れないと思っている人も多いですが、そうではありません。しっかりと値切ることができます。
新車を値切る場合には、決算期である3月、9月が狙い目です。
自動車メーカーも会社ですから、株主に対して販売実績を多く報告したいという魂胆があります。
そのため、この3月と9月は値切りがしやすいのです。
注意してみると、この3月と9月にはキャンペーンなども多く開催されている場合が多いです。

【新古車の場合】
一番値切るのが難しいと言われるのが新古車です。新古車は、一度他のオーナーの手に渡ったにも関わらず、一度も乗られていない、もしくはその状態に近い車のことを言います。
本当に見た目、走行性は新車と全くと言っていいほど変わりはありません。
それなのに、定価の2割から3割引きの価格で販売されていますので多くの人に人気になっています。
この新古車も決算期を狙うのがいいでしょう。それ以外で値切るにはかなりのテクニックが必要になります。

【中古車の場合】
中古車の場合、すでに使用されている車ですので値切るポイントはたくさんあります。
新車、新古車同様に、決算期が値切りやすいのが特徴です。
更に、車の走行距離や社内の状態によって、値切りをしてもらえる可能性が高いです。
重要なのは、買う車は決めていたとしても似たタイプの車と悩んでいるといったように選択肢を持つことです。
それにより、販売店側から価格を下げてくることもあります。

以上のように値切り方もそれぞれです。
車の購入には費用が掛かってしまいますので、是非詳しく調べてみてください。

自動車とバイクの情報自動車とバイク関連サイト専門のリンク集。
細かくカテゴリー分けされていて、各カテゴリーともかなりの数のサイトが登録されている。
ちょっと数が多すぎて探しにくいのが難点だがブラウザーの検索機能などを使えば結構いけるかも。
The車comは車に関する総合情報サイトで地域やカテゴリーごとの検索も出来る。カテゴリーは中古車や日本車などに分かれており、それぞれのジャンルに詳しいサイトなどが掲載されている。トヨタ自動車などのメーカー別あるいは車種別の情報やニュース、リコール情報なども提供されている。
中古車の買取や新車の値引き情報の車INFOでは新車の値引き情報や中古車の購入・買取査定情報、カーリース、自動車保険など自動車の購入に関わる情報を発信中。
自動車ガイド新車購入の際に値引き交渉を有利に進めるコツや見積書の読み方など。
トヨタ自動車カタログトヨタ自動車が製造・販売する各車に関する概要や基本スペック、車種ごとの歴史や中古車情報、新車見積・値引き情報などを掲載。
ホンダ自動車カタログホンダが製造・販売している各自動車に関する概要から基本スペック、車歴や中古車情報、新車見積・値引き情報などを掲載。
CarInfo〜新車値引きや中古車の情報〜各種自動車・車種ごとの特徴やコンセプト、値引き情報・中古車情報など
新車の値引き情報サイト。車種ごとの値引き情報や購入時の心得、ディーラーとの交渉の進め方など。
新車を値引きしてもらって安く買うためには様々なテクニックや交渉術がありますので、そのコツや伝授し皆さんのカーライフ充実にお役立てください。
新車の見積をもらったら細かいところまで詳細に検討しましょう。余分な費用が入っていればカットし、まずは絶対に必要な最低限のベースで考えて計算します。
すると自ずと納得のできる目標(支払い総額)が見えてくるでしょう。その目標と見積金額の差が値引き要求の基礎になります。
それを頭に入れてオプションや付属品なども加えた数パターンを検討し、支払い総額と「できあがった車」で納得のできる組み合わせを見つけます。
カーリースライフサイクル、ニーズに合わせて新車に乗れる。3〜5年の契約期間を選んでムダなく乗る 合理的なカーライフプランです。
posted by たろ at 12:29| 自動車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。