あなたの愛車は今いくら?ガリバーのカンタン無料査定
車種・年式・走行距離 等の簡単な入力で概算価格をお知らせいたします。

【中古車毎日入荷中!】ガリバー中古車ご提案サービス
車種・年式・予算 等の簡単な入力で、全国の新鮮な在庫の中から希望の車を探してお知らせします。

18万台の中古車物件を掲載『カーセンサーnet』
中古車情報誌で有名な、リクルートが運営するクルマ総合情報サイトです。全国18万台から愛車を検索できます。

自動車保険のアクサダイレクト
アクサダイレクトの自動車保険はお客様にとって最も納得のいく保険料・サービスをご提供しています。

自動車の価格と相場の情報 SEOにも有効なTheページビューランキング 試乗レポート&マイカーレポート募集中

2012年05月15日

中古車業界の事情を見てみよう

中古車。それはつまりは「新車ではない」という事ですが、中古車も様々です。
それまで何方かが保有していたケースが一番多いのですが、中にはディーラーで登録しただけのものですとか、ディーラーで試乗車として利用していたもの、あるいはデモカーとして利用していたもの。さらにはレンタカーとして利用していたものが中古車市場に落ちてきたというものまで様々です。言うなれば「新古」から「廃車寸前」といった車種まで様々なものがあるのが中古車市場なのです。また、基本的に中古車の方が安く購入出来ますから、中古車市場は賑わいを見せています。自動車離れが叫ばれているとは言え、自動車が便利なものである点は変わりありません。
そのため、中古車のニーズそのものは決して低いものではありません。
むしろ新車よりも安く購入する事が出来ますので、「購入するなら中古車」と考えている人は案外多いのです。
ですが、中古車を購入する際には気をつけなければならない事も多いのです。

新車であればカタログと同じものをそのまま入手する事が出来ます。
最近は完全受注生産になりますので、注文を受けてからの生産になりますから、在庫としてディーラーに置いておく事もありません。
一方の中古車は状態が一台一台異なるのです。
先にもお話ししたように、中古車がかつてどのような事情であったのかは一台一台異なります。
そのため、中古車を購入したいと考えている人はまずは現物を確認する所から始めなければならないでしょう。一台一台状態が異なるのはもちろんですが、装備なども異なります。
これは前のオーナー次第の面もありますので、カタログ通りな訳がないのです。
それらを考慮すると、中古車を購入する際には必ず現物を確認しなければならないでしょう。

新車であれば「見なくとも解る」となるでしょう。
ですが中古車の場合一台一台状態が異なるのです。
購入してから「汚いんだけど」といった苦情を述べたところで、それを承知で購入しているはずです。契約書にもそのように明記されているでしょうから、買ってから後悔しても遅いのです。

そのため、中古車の購入はある意味で新車を購入する以上に慎重に行わなければならないのです。
一台一台状態が異なるという事は、それだけ選択肢も広いのですから、中古車を購入する際にとにかく悩むという人は実は珍しくありません。
もちろん、その悩みは嬉しくもあり、楽しくもあるものなのですが、自分のものになるのですし、中古車と言えども決して安いものではないでしょうから、慎重に選びたいものです。



posted by たろ at 17:39| 中古車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。