あなたの愛車は今いくら?ガリバーのカンタン無料査定
車種・年式・走行距離 等の簡単な入力で概算価格をお知らせいたします。

【中古車毎日入荷中!】ガリバー中古車ご提案サービス
車種・年式・予算 等の簡単な入力で、全国の新鮮な在庫の中から希望の車を探してお知らせします。

18万台の中古車物件を掲載『カーセンサーnet』
中古車情報誌で有名な、リクルートが運営するクルマ総合情報サイトです。全国18万台から愛車を検索できます。

自動車保険のアクサダイレクト
アクサダイレクトの自動車保険はお客様にとって最も納得のいく保険料・サービスをご提供しています。

自動車の価格と相場の情報 SEOにも有効なTheページビューランキング 試乗レポート&マイカーレポート募集中

2011年12月10日

コンパクトカーとは(後編)

 ヨーロッパで大成功を収めたGTIは、やがて世界市場に受け入れられることになり、その存在はその後のホットハッチの教本的存在になっていったのだった。
 ゴルフー1とゴルフー2のGTIは、いわば硬派な車であった。
 特にゴルフー2の持つそのハンドリングは絶妙であり、FFならでは特徴的なコーナリングが楽しめ、しかもドライビングの仕方次第では最終的には“テールアウト”に持ちこむことが出来た。
 勿論、高いレベルにあるロードホールディング性能をフルにいかし、コーナリングのインフォメーションの段階から横Gをかけて、次第に加速していくと、しなやかにして強靭な足回りのおかげでまさに“糸を引く”ようなコーナリングが出来たものだった。
 またカタログデーター場では“125HP”に過ぎないエンジンパワーは、その数字を忘れさせてくれるほどパワフルに感じられた。
 比較的ロングストロークである1800ccDOHC4バルブエンジンは、新車時こそ硬さが残り“トヨタ4AG”の方がよく回ると、雑誌などのインプレッションでいわえたものだが、実際には一万キロを超えたあたりからは、素晴らしくよく拭け上がるようになり、そのフィールはとても大衆車ベースのエンジンとは思えないほどの出来栄えだ。
 東名の御殿場付近、ワインディングな高速路で、前を走る下手くそな(失礼)ドライバーが操るポルシェ等がどいてくれる事も、しばしばあったほど、そのコーナリング性能は素晴らしかったし、ギアポジションを間違えなければパワフルに走ってくれた。まさにホットハッチのネーミングに相応しい走りが味わえた。
 一時期牙を抜かれた感のあったGTIだが、現代ではターボとDSG(Direct-Shift Gearbox)で武装され、近代的にスープアップした姿に生まれ変わり、再び牙を持ったと言える。
続きを読む


posted by たろ at 13:11| 自動車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。